本の上の家

アパートなら収入を見込める!価値ある投資物件を見抜けば間違いなし

入居率の向上が見込まれる

スーツの男性

トラブルを未然に防ぐ

賃貸物件を持つ不動産オーナーの悩みはいろいろあります。まずは入居者を探すことが一番の問題でしょう。そしていざ入居者が決まっても、確実に滞納なく家賃を払ってくれるかも心配です。この2つの大きな悩みを一気に解決してくれる方法があります。それは家賃債務保証です。大阪市内でもこの家賃債務保証を利用できる物件が増えています。家賃債務保証とは、保証人のかわりに家賃債務保証会社が、借主が滞納した家賃を保証してくれるシステムです。貸主や仲介不動産会社などにかわり、借主に督促を行います。滞納が長期化してトラブルに発展するまえに、穏やかに解決できるよう交渉してくれます。又、万が一の場合は訴訟手続きを行い法的な解決を目指します。

双方にメリットがある

このように、家賃債務保証を利用することは不動産オーナーにとってメリットが大きいものですが、入居者にとってもメリットが大きいと言えます。保証人を確保できなくても入居が可能だからです。高齢の方や外国籍の方など、今までは入居が難しかった方々のハードルが下がります。この家賃債務保証をつけることで、物件のアピールポイントになり他の物件との差別化が図れます。家賃債務保証の費用は、入居者が家賃の何割かを支払うことと、更新時に費用が発生するだけですので、入居者の負担感も少ないようです。大阪市では家賃債務保証会社がいくつかあり、不動産会社も積極的にこのシステムを取り入れた物件を紹介しているようです。家賃の滞納がないことが前提ですが、今既に入居者がいる物件でも家賃債務保証を付けることが可能です。大阪市内には、外国籍の方も多く、そうした方々が新たに大阪市内の物件を探しておられます。この家賃債務保証はそうした方にとっても、大きなアピールポイントになるのではないでしょうか。