本の上の家

アパートなら収入を見込める!価値ある投資物件を見抜けば間違いなし

不動産投資に良い環境

集合住宅

マイナス金利はプラスに

今年から始まったマイナス金利は、投資用マンションを購入する投資家にとっては2つのメリットが生まれています。一つ目は投資用マンションを購入する際のローンが組みやすくなったことが挙げられます。銀行ではマイナス金利によって、不動産向けの融資を増やす必要性が出ています。そのため、個人でも銀行から借り入れが従来よりもしやすくなっています。二つ目は投資用マンションの価値が、上がりやすくなったことが挙げられます。マイナス金利によって、銀行では不動産向けの融資を拡大していく方向性が出てきます。そのため、不動産市場にマネーが流入して、市場が活性化する可能性が高まっています。不動産市場が活性化すると、投資用マンション価格も上がっていく期待が持てます。

最高のロケーションの物件

現在は投資用マンションを購入するメリットが大きいですが、物件の種類は吟味をして選ぶ必要があります。投資用マンションとしては将来の売却益を得ることが大きな目的としているため、今後の入居需要がないと意味がなくなってきます。したがって、投資用マンションとしては、最高のロケーションの物件を選びたいところです。最高のロケーションの投資用マンションとしては、都心の一等地の物件が挙げられます。一等地の物件であれば、今後も人気の不動産であり続ける可能性が高いです。また、物件の種類としては最新のタワーマンションであることが望ましいです。タワーマンションであれば耐震性が高いことから、将来的にも高い入居需要が期待できます。